文字サイズ

すぐわかる神東塗料

神東塗料って何の会社?

さまざまな場所で使われる
塗料をつくっています。

  • プラント
  • 建物の内装・外装
  • 橋梁
  • 道路
  • 自動車

多くの産業で、着色・さび止め・耐候などの用途で使われます。
近年需要の高まる水系塗料・無溶剤塗料も製造しています。

アジアに注力して
海外展開を推し進めています。

製造拠点 販売拠点 製造販売拠点 技術サポート拠点

アジア7カ国に
生産販売拠点を展開

どんな強みがあるの?

自社開発で最適な
樹脂をつくり
塗料に新たな機能を
付与しています。

本社研究所 東京研究所 本社研究所 東京研究所

  • 塗料の重要な原材料である樹脂を自社で開発する技術力があります。
  • 多彩な技術を駆使し、新たな機能を持つ塗料を生み出してお客様のニーズに応えます。

独自のコア技術を
ニッチ市場へ展開しています。

  • 長年にわたり培ってきた技術を活かし、
    鉄道の保線に関わる軌道用材料分野へ展開しています。

環境対応製品の
パイオニアとして、
長年の蓄積した実績と
ノウハウがあります。

水系塗料 電着塗料 粉体塗料

  • 1964年に電着塗料を初めて発売
  • 取扱製品のうち環境対応型塗料の占める割合 80%超

これまでの歩みは?

創立以来、高品質な塗料で
社会の発展を
支えてきました。

1901年 神東塗料の母体、神戸ボイル油創業
神戸ボイル油
1933年 神戸ボイル油と東洋塗料製造が合併、神東塗料創立
1938年 住友化学工業株式会社(現 住友化学株式会社)と資本・技術の提携
1940年 尼崎工場操業開始、本社を現在地に移転
1951年 大阪証券取引所に株式上場
1960年頃 水系塗料を発売
1964年 初めて電着塗料を発売
1965年 千葉工場操業開始。電着塗装・技術アップに貢献
千葉工場
1970年代頃 粉体塗料を発売
粉体塗料「イノバックス」
1971年 アメリカ・カーボライン社、住友商事株式会社と合弁でジャパンカーボライン株式会社を設立
1988年 台湾神東化学股份有限公司(現 神東艾仕得塗料系統股份有限公司)を設立
1989年 江東区新木場に新東京事業所開設
タイ・TOA社と合弁会社TOA-SHINTO(THAILAND)を設立
1996年 フィリピン・WELBEST社と合弁会社SHINTO-WELBESTを設立
1997年 マレーシア・EXTRA社と合弁会社SHINTRAを設立
ドイツ・HERBERTS社と合弁会社神東ハーバーツ・オートモティブ・システムズ株式会社(現 神東アクサルタ コーティング システムズ株式会社)を設立
2000年 全社でISO9001拡大認証登録
2001年 全社でISO14001認証登録
2012年 インドネシアに販売会社、PT.Shinto Paint Indonesiaを設立
中国に販売会社、神之東塗料貿易(上海)有限公司を設立
PT.Shinto Paint Manufactureing Indonesia
2013年 インドネシアに生産子会社PT.Shinto Paint Manufactureing Indonesiaを設立
2016年 ベトナムに販売および技術サービス供給会社Shinto TOA Vietnamを設立

今後の展望は?

事業の選択と集中をすすめ、
持続的に売上高・利益を上げる会社を目指します。

全社方針

  1. 「事業の選択と集中」を一層進め事業環境の変化に対応できる体制を構築し、持続的に売上高・利益を上げる会社を目指します。
  2. 合理化、業務の効率化の取組みを通じて、
    会社の持続的な発展に向けた一層の体質改善に努力を続けていきます。
  3. グループ経営をさらに推進し、
    「オール神東」としてメリットを最大化する方針・施策を実施します。

主要施策

営業 生産 技術 管理

営 業

「事業の選択と集中」の仕上げと位置づけ、各施策を推進。
  • 国内ビジネスでの売上・数量の確保、海外ビジネスの推進
  • 各分野、各部門で収益の柱を構築

生 産

安全第一、且つ営業支援となる生産性の高い「ものづくり」を目指す。
  • 顧客第一主義を徹底する
  • 合理的、且つ高品質を得る生産方式を構築する

技 術

研究・開発力と技術力のレベルアップを図り、広い視野で、コーティング技術に基づく新規ビジネス・新規製品を開発。
  • 選択と集中で、特長のある製品の開発を行う
  • 社外や異業種の技術にも視野を広げ、次世代を担う新製品、新技術開発に取り組む
  • 自製化、製品と原料の集約、原料VA、配合と製法の見直しを四本柱として、徹底した合理化を行う
  • 海外事業では、電着関係を中心に積極的な取組みと拡大を図る

管 理

仕事の質の向上と業務の効率化の取組みを実施。また、オール神東のメリットを最大化するために、グループ経営を一層推進。
  • 事業体質強化を推進する人材を育成する
  • 経営層の意思決定を支援する
  • 株式・株主対策を充実させる

株主になるメリットは?

配当金を
受け取ることができます。

配当金額・配当性向推移

  • 123期の配当 1株当り5
  • 123期の配当性向 21.2%

会社の経営に
参加することができます。

  • ホームページで決算短信などの情報をお知らせします。
  • 毎年開催する株主総会に参加することができます。