HOME > 会社情報 > 沿革

沿革

明治34年 当社母体神戸ボイル油創業
昭和8年 東洋塗料製造株式会社と合併、当社設立
昭和13年 住友化学工業株式会社(現 住友化学株式会社)と資本・技術の提携
神東化学研究所を新設し、防腐防虫剤・香料・消毒剤その他工業用薬品・医薬品・医薬部外品の製造開始
昭和15年 尼崎工場操業開始、本社を現在地に移転
昭和18年 帝国塗料株式会社を合併、東京工場と改称
昭和26年 大阪証券取引所に株式上場
昭和36年 オーストリア・ビアノバ社と水溶性焼付塗料用樹脂に関する技術提携
昭和40年 千葉工場操業開始
昭和43年 オランダ・シグマ社と船舶用塗料に関する業務提携
昭和46年 アメリカ・カーボライン社、住友商事株式会社と合弁でジャパンカーボライン株式会社を設立
アメリカ・グリデン社と電着塗料・エマルションペイントおよびその他塗料全般 に関する技術提携
昭和60年 塗料販売会社、株式会社北海道シントーを設立
昭和61年 尼崎工場内に新設FMS工場(溶剤系塗料)完成
千葉工場内に粉体塗料「イノバックス」製造工場完成
昭和62年 尼崎工場内にCCSシステムを導入した近代化調色工場完成
昭和63年 台湾神東化学股份有限公司(現 神東艾仕得塗料系統股份有限公司)を設立
オランダ・シグマ社と船舶用塗料の合弁会社シントーシグマコーティングス株式会社(現PPG PMC ジャパン株式会社)を設立
昭和64年 塗料販売会社、株式会社中部シントーを設立
平成元年 江東区新木場に、新東京事業所開設
タイ・TOA社と合弁会社TOA-SHINTO (THAILAND) を設立
平成3年 塗料販売会社、株式会社九州シントーを設立
旧東京研究所跡地再開発事業完成
平成6年 化成品大阪工場を移転、尼崎工場内に新工場完成
トルコ・CBS社と合弁会社CBS-SHINTOを設立
平成7年 塗料販売会社、株式会社東京シントーを設立
平成8年 塗料販売会社、株式会社西部シントーを設立
フィリピン・WELBEST社と合弁会社SHINTO-WELBESTを設立
液晶表示板用カラーフィルター事業を譲渡
平成9年 化成品事業関連の営業権をシントーファイン株式会社(現 住化エンバイロンメンタルサイエンス株式会社)へ譲渡
ドイツ・HERBERTS社と、自動車用塗料、工業用電着塗料(アルミ電着用塗料を除く)に関する合弁会社神東ハーバーツ・オートモティブ・システムズ株式会社(現 神東アクサルタ コーティングシステムズ株式会社)を設立
ドイツ・HERBERTS社(現 アクサルタ コーティングシステムズ社)が資本参加
マレーシア・EXTRA社と合弁会社SHINTRAを設立
平成12年 株式会社東京シントー、株式会社西部シントーを当社へ統合
全社でISO9001拡大認証登録
平成13年 全社でISO14001認証登録
平成18年 台湾神東化学股份有限公司(現 神東艾仕得塗料系統股份有限公司)の株式をデュポン神東・オートモティブ・システムズ株式会社(現 神東アクサルタ コーティングシステムズ株式会社)へ譲渡
平成19年 ジャパンカーボライン株式会社を子会社化
平成23年 中国・上海に駐在員事務所を設立
平成24年 インドネシアに販売子会社、PT.Shinto Paint Indonesiaを設立
中国に子会社、神之東塗料貿易(上海)有限公司を設立
平成25年 インドネシアに生産子会社、PT.Shinto Paint Manufacturing Indonesiaを設立
平成28年 ベトナムに販売および技術サービス供給会社Shinto TOA Vietnamを設立